ウイスキー 基礎編

ウイスキーの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

・将来はウィスキーが似合う大人になりたい。

・ウィスキーを始めたいのだけど、どう楽しんだら良いのか分からない。

そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

私もその中の一人です、安心して下さい(笑)

今回はウィスキーを始めたい方へ、分かりやすく説明します!

1、ウイスキーの原料と製法

大麦、ライ麦、トウモロコシなどを発酵させ、蒸留して作られます。

まず粉砕した原料を温水に溶け込ませ、お粥状態にさせます。

酵素の働きによって、原料のデンプンが糖に変化します。

これを『糖化』と呼び、糖さえできれば発酵してアルコールに変化するのは、周知のとおりです。

発酵が終わった醪(もろみ)を蒸留し、それぞれのブランドイメージの熟成やブレンドを行います。

2、ウイスキーの歴史

1172年、イギリスのヘンリー2世らがアイルランドに上陸した際に発見した蒸留酒がウイスキーの前身と言われています。

4世紀頃、錬金術師達が偶然作ったものと言われ『生命の水』と呼ばれていた。

ウイスキーの語源は、12世紀頃伝わったアイルランド地方のゲール語で『ウシュクバーハ』→『ウスケボー』→『ウイスキー』となりました。

3、ウイスキーの分類

ウイスキーは原料、産地によって分類されています。

(1)原料の違い

①モルト

大麦を発芽させた麦芽(モルト)のみを使用している

②グレーン

モルトの他にライ麦、トウモロコシなどの穀物を使用している

③ブレンデッド

①と②をブレンドして作る

(2)原産国の違い

①スコッチ

スコットランドで作られ、スモーキーな香りが特徴

スコッチ

②アイリッシュ

アイルランドで作られ、なめらかな舌触りでまろやか

アイリッシュ

③アメリカン

アメリカで作られ、さらにバーボンやテネシーと細分化している

アメリカン

④カナディアン

カナダで作られ、香りと風味がライトで飲みやすい

カナディアン

⑤ジャパニーズ

日本で作られ、香りと風味のバランスが取れていて飲みやすい

ジャパニーズ

この5つの異なった産地のウイスキーを『世界5大ウイスキー』と呼びます。

4、まとめ

ラフロイグ

こちらのウイスキーは『ラフロイグ』といいます。

分類は、『スコッチのモルトウイスキー』『モルトのスコッチウイスキー』と呼んでます。

星の数ほど種類の多いウイスキーは、分類して覚えていくのがおすすめです。

また、ウイスキーは原料と産地の組み合わせによって、より楽しめる飲み方が存在します!

ココに注意

ウイスキーは飲み手の好みや、銘柄によって適した飲み方があるのです。

詳しくはまた改めてブログに書きますね!

今宵もあなたに最高の一杯を!

ジンの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく簡単に説明!

ウォッカの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく簡単に説明!

ラムの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく簡単に説明!

テキーラの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく簡単に説明!

ブランデーの原料とは?蒸留酒の違いを分かりやすく説明!

-ウイスキー, 基礎編
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.