ワイン

シャンパンとは?スパークリングワインとの違いを簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

みなさんはシャンパンと聞いて何を思い浮かべますか?

お祝いの席、華やかかな夜の光景、特別な日のアイテムなど、人生において出番が来る場面は沢山あると思います。

ではシャンパンとは何ですか?

多くの人は、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインと答えると思います。

今回はそれ以外の部分を掘り下げて、シャンパンの素晴らしさについて一緒に学びましょう!

シャンパンの造り方5つのポイント

シャンパーニュ地方2

16世紀頃から、『シャンパン』という名称は使われていた。

17世紀末頃、技術の向上により現在のスパークリングワインとして確立された。

18世紀になると、さらに技術が追及され、澱を取り除いたクリアなシャンパンが楽しまれるようになった。

以降、各国の宮廷を席巻し、国王、王妃、貴族、著名人などを魅了してきた。

2015年『シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ』として世界遺産に登録された。

①収穫

シャンパンはシャルドネ、ピノノワール、ムニエの3品種が主流です。

これらのブドウを全て、手摘みによって丁寧に収穫します。

果皮の成分が出ないよう、決められた量だけ丁寧に圧搾します。

②調合

ドンペリニヨン

天候などで毎年収穫状況が異なる為、貯蔵してあった数種類の原酒を用いて、それぞれのブラインドイメージの味に調合します。

これにより、毎年ブレのない品質が実現します。

この技術を生み出したのが、かの有名なドン・ペリニヨンです。

彼は盲目であった替わりに、味覚や嗅覚がずば抜けていたそうです。

③瓶内二次発酵

一次発酵後のワインを瓶詰めし、糖分と酵母を加えて蓋をする。

これにより、糖分がアルコールと天然の炭酸ガスに変化する。

これにより、キメの細かい天然の炭酸ガスをワインに含ませることができる。

④熟成期間

澱とともに寝かせる事により、旨味成分が溶け込んで行く。

シャンパンは最低15ヶ月の熟成義務がある。

なおヴィンテージは3年の熟成義務が設けられている。

熟成後はよりクリアなシャンパンを作る為、澱抜きをします。

『ピュピトル』と呼ばれる特別な台を使い、瓶を倒立状態にして、瓶口に澱を集めて除去します。

この方法を考案したのが、マダム・クリコです。

⑤甘味調整

シャンパンは必ず、甘辛表記をラベルに施します。

表示残糖量
Brut Nature(ブリュット・ナチュール)
Pas Dose(パ・ドゼ)
Dosage Zero(ドサージュ・ゼロ)
3g/ℓ未満
Extra Brut(エクストラ・ブリュット)0~6g/ℓ
Brut(ブリュット)12g/ℓ未満
Extra Dry(エクストラ・ドライ)12~17g/ℓ
Sec(セック)17~32g/ℓ
Demi Sec(ドゥミ・セック)32~50g/ℓ
Doux(ドゥー)50g/ℓ超

みなさんが一番親しみがあるのは、『Brut(ブリュット)』ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

シャンパンが、他のスパークリングワインに比べて手間が掛かっているのがわかりますね。

是非お祝いやプレゼントの場面で使ってみてください。

必ずその場面を華やかにしてくれます!

今宵もあなたに最高の一杯を!

『スペインのCAVA(カヴァ)とは?分かりやすく簡単に説明!』

-ワイン
-,

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.