テキーラ

メスカルとは?テキーラとの違いを分かりやすく簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

みなさんは『メスカル』というお酒を聞いた事ありますか?

テキーラと同じように、現在メキシコで大変人気のある蒸留酒の一つです。

今回はそんなメスカルについて、一緒に学びましょう。

メスカルとは

メスカル加熱『メスカル(mezcal)』の語源は『アガベ(metl)』と『加熱した(ixcalli)』に由来し、『加熱したアガベ』を意味しています。

歴史は古く、テキーラも以前は『メスカルワイン』と呼ばれていました。

直火で過熱する為、スモーキーな香りが残るのが特徴です。

メスカルの条件

①9つの州で製造されていること。(オアハカ、ドゥランゴ、サカテカス、タマウリパス、グアナファト、サン・ルイス・ポトシ、ミチョアカン、ゲレロ、プエブラ)

②アルコール度数が35〜55%であること。

③原料はアガベ種を100%使用すること。

クラス

①ブランコ(ホベン)

0〜2ヵ月の樽熟成。

②レポサド

2ヵ月〜1年の樽熟成。

③アネホ(アニェホ)

一年以上の樽熟成。

メスカルとテキーラの違いは3つ

①生産地域の違い

・テキーラは指定地域の5州に対し、メスカルは9州での生産が認められている。

②原料の違い

・テキーラは原料のアガベ種である『アガベアスル』のみを使用しなければならないのに対し、メスカルは『エスパディン』や『トバラ』などの指定産地内の全てのアガベ種が使用可能である。

③作り方の違い

・テキーラは規定範囲内でアガベ種由来でないアルコールの添加が認められているが、メスカルは100%アガベ種由来の原料から作らなければならない。

・テキーラは蒸気での加熱が多いのに対し、メスカルは直火での加熱が多い為、特徴的なスモーキーな香りがある。

・テキーラは大量生産が主流なのに対し、メスカルは手作業による小規模生産が多い。

まとめ

いかがでしたか?

テキーラよりも歴史が古いお酒なんですね。

メスカルはテキーラに比べると、ややアルコール度数が高く、スモーキーな香りが楽しめます。

熟成させてしまうと、その特徴が弱くなってしまうので、『ブランコ』や『ホベン』のクラスが主流となっています。

10月21日はメスカルの日

みんなでメスカルでサルーしましょう^_^

今宵もあなたに最高の一杯を!

テキーラと呼ぶための5箇条とは?誰よりも分かりやすく説明!

史上初!6人の女性により作られたメスカル👇

-テキーラ

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.