テキーラ

テキーラと呼ぶための5箇条とは?誰よりも分かりやすく説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

テキーラについてもっと詳しく知りたい方に向けて、

誰よりも分かりやすく記事を書きました。

今回も一緒に学んでいきましょう!

テキーラと呼ぶための5箇条

テキーラと呼ばれるには、下記の条件を満たしたものだけです。

①200種類以上あるアガベの中から、『アガベアスル』のみを原材料として、51%以上使用すること。

アガベアスルアスルとは『青』という意味です。

広大な土地で栽培された上の晴天時は、まさに青いアガベ。

残りの49%はサトウキビ、ショ糖、ブドウ糖、トウモロコシなどの天然由来の糖分で、発酵の際に混ぜています。

②指定5州(ハリスコ、ナヤリ、タマウリパス、ミチョアカン、グァナファト)の指定産地で育成したアガベアスルを使用し、製造すること。

テキーラ5州テキーラは、必ず決められた5地域で製造しなければなりません。

③2回以上蒸留し、アルコール度数は35〜55%であること。

多くのテキーラは40%ですが、同じ銘柄でも国によって違うものもあります。

またこの範囲が、アガベの味を感じるのに適している為です。

④メタノール値は3mg/ml以下であること。

メタノールは人体には有害で、過剰摂取すると失明します。

もっとも、その前に命を落としてしまいます。

⑤水以外の添加物は1%以下であること。

添加物は規定リストにあるもののみが許されています。(カラメル色素、消泡剤、天然オーク抽出物、糖蜜、香料など)

リストには虫(グサーノ)やチリペッパーは含まれていないので、これらが入っているものはテキーラとは呼べません。

テキーラ作りの2大地方

テキーラ2大産地テキーラ造りが最も盛んなハリスコ州は、メキシコ第二の都市であるグアダラハラを境に、大きく分けて2つの地方に分けられます。

①バジェス地方

標高1200mの火山灰地質。

アガベはそれ程大きく育たないが、苦味のしっかりとしたものが収穫される。

その力強い酒質には、新樽で熟成されることが多く、辛味と苦味のしっかりとした味わいになるものが多い。

また、テキーラ村もこの地方に位置する。

②ロスアルトス地方

標高2000mの高地にあり、鉄分を多く含んだ肥沃な赤土が特徴。

糖分が多く大きなアガベが育つ。

その恵まれた環境では、アガベのみならず様々な野菜が出来る。

中古樽で優しくて熟成させるのが特徴で、滑らかで甘味のある口当たりが多い。

テキーラは熟成期間によって5つのクラスに分けられる

①オロ(ホベン、ゴールド)

ブランコに他のクラスのテキーラを合わせたもの、あるいはカラメル色素で色付けしたもの。

②ブランコ(シルバー、プラタ)

樽熟成をしないもの、もしくは熟成0〜2ヵ月のもの。

アガベ本来のフレッシュな味を楽しめる。

③レポサド

『休ませた』の意味で、樽熟成2ヵ月〜1年のもの。

軽い甘味とフルーティーさがある。

④アニェホ(アネホ)

『熟成させた』の意味で、樽熟成1〜3年のもの。

樽由来のまろやかな甘味と香りがある。

⑤エクストラアニェホ(エクストラアネホ)

樽熟成3年以上のもので、奥深い味わいと、樽の個性を強く感じられる。

⑥クリアアニェホ(クリアアネホ、クリスタルアネホ)

アニェホを特殊なフィルターなどで濾過することにより脱色、透明にしたもの。

樽の香りと甘味が残る。

まとめ

いかかでしたか?

7月24日はテキーラの日

皆さんで一緒に、テキーラでサルーしましょう!

今宵もあなたに最高の一杯を!

テキーラ好きが初心者にオススメするテキーラ5選!

初心者のためのテキーラ用語20選を簡単に説明!

-テキーラ

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.