テキーラ

初心者のためのテキーラ用語20選を簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

みなさんは普段、テキーラは飲まれますか?

僕は数あるお酒の中で、実はテキーラが一番好きです。

知れば知るほど魅力的なテキーラについて、今回はテキーラ用語をいくつか紹介します。

これを見たらあなたもテキーラ好きの仲間入りです。

テキーラ用語20選(五十音順)

①アウトクラベとは

ピニャ加熱時に使用される大型の圧力蒸気釜。

短時間で蒸しあげる事によって、新鮮なアガベの香りが残る。

②アガベとは

リュウゼツラン科アガベ属の多肉植物の総称。

リュウゼツランはマゲイとも呼ばれている。

③アネホとは

『熟成した』という意味で、熟成期間1年以上のテキーラ。

樽由来の香りと熟成したテキーラの甘味が特徴的な味わい。

④イフエロスとは

アガベの子株。

純血を守る為に交配はせず、株分けによって増やして栽培していく。

⑤エキストラアネホとは

熟成期間3年以上と、より熟成させたテキーラ。

奥深い香りと味の余韻が楽しめる。

⑥オルディナリオとは

1回目蒸留で得られたもの。

アルコールは20%程度で、2回目蒸留で50%程度になる。

⑦カバジートとは

水牛の角をくり抜いて作ったショットグラス。

蒸留家がカバジート(子馬)に乗り、このショットグラスでテキーラを飲んでいた事から。

⑧サルーとは

現地スペイン語で『乾杯』の意味。

⑨サングリータとは

サングリータテキーラ専用のチェーサーで、『小さい血』の意味。

基本レシピはトマトジュースとオレンジジュースを1:1で混ぜ合わせ、ライムを絞ったもの。

アレンジでタバスコやウスターソース、ニンニクなどを加える。

⑩タオナとは

タオナ加熱後のピニャ搾汁の際に用いられる回転式の石臼。

最も古典的で、テキーラに味がしっかりと残りやすい。

⑪タテマドとは

ピニャ加熱時に使用される蟻地獄型の炭火焼釜。

直火で焼き上げる事によって、スモーキーな香りを作り出す。

⑫バガスとは

バガス2搾汁し終わったアガベ繊維。

アガベジュースと一緒に醸す事によって、湿った麦のような香りが残る。

また、繊維として編み物にも利用される。

⑬バルベオとは

『床屋』の意味で、尖った葉先を剪定する作業。

アガベの中心(球茎部)に糖分を溜め、甘くさせる為に行う。

⑭ピニャとは

ピニャ『パイナップル』という意味。

葉を剥いたアガベの球茎部が、パイナップルに似ていることから。

⑮ヒマドールとは

ヒマドールヒマは『収穫』、『ドール』は人の意味。

アガベを収穫する職人のこと。

⑯ブランコとは

『白い』という意味で、熟成期間0〜2ヵ月のテキーラ。

テキーラの本来の個性が最も感じられる味わい。

⑰ホベンとは

『若い』という意味で、ブランコのテキーラに他の熟成期間のものを合わせたもの。

その液色からオロやゴールドとも呼ばれ、いずれも金・黄金の意味。

⑱マンポステラとは

ピニャ加熱時に使用されるレンガ製のオーブン。

常圧でゆっくりと蒸しあげる事によって、甘味に深さが出る。

⑲モストとは

モスト搾汁されたアガベジュース。

⑳レポサドとは

『寝かせた』という意味で、熟成期間2ヵ月〜1年のテキーラ。

テキーラの個性と樽の香りがバランス良く調和した味わい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだテキーラ用語はありますが、続きはまた次回。

今宵もあなたに最高の一杯を!

テキーラ好きが初心者にオススメするテキーラ5選!

テキーラブランド銘柄の語源や意味~15選~すぐに使える豆知識

飲みやすい、甘くて熟成感のあるテキーラ↓

-テキーラ
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.