ワイン

【初心者用】フランスワイン概要について誰よりも簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

ワインの国と言えばフランスですね。

その生産量では、常にスペインやイタリアと世界一の座を争っています。

今回はそんなフランスワインの概要について、誰よりも簡単に説明したいと思います。

フランスワインの歴史

フランスに初めてブドウ栽培がもたらされたのは紀元前6世紀頃、今日のマルセイユからと言われている。

その後、3世紀頃にボルドーやブルゴーニュ、6世紀にロワールやシャンパーニュ地方とブドウ栽培が伝わった。

輸出品目となったワインは、19世紀後半になるとブドウ畑が害虫や病気に襲われ、

さらに第一次世界大戦や世界恐慌の影響を受け、粗悪なワインが出回った。

これを規制するために1935年にAOCが制定された。

AOCとはワインの格付け

AOC2

AOCとは

Appellation(アペラシオン)
d'Origine (ドリジーヌ)
Contrôlée(コントラーレ)

の略称で、『原産地呼称管理』を意味しています。

現在ではAOP

Appellation (アペラシオン)
d’Origine (ドリジーヌ)
Protégée(プロテジェ)

『原産地呼称保護』の意味しています。

こちらに徐々に移行している為、AOCとAOPが混在していますが、基本的な考え方は同じです。

産地や品種、造り方によってワインが格付けされ、偽装や不正が行われないよう保護されています。

例えば私が日本でブドウを栽培して、シャンパンを名乗って造ることは出来ません。

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で決められたブドウ品種により、決められた造り方をしなければ名乗ることは出来ません。

このような厳しい規制があるからこそ、消費者への安心や価格の差が出てくるのです。

フランスワインの10大産地

フランス10大産地フランスワインの産地は、大きく分けて10個に分けられる。

①シャンパーニュ地方

②ブルゴーニュ地方

③ジュラ・サヴォワ地方

④アルザス地方

⑤ロワール地方

⑥コート・デュ・ローヌ地方

⑦プロヴァンス&コルシカ島

⑧ラングドック・ルーション地方

⑨南西地方

⑩ボルドー地方

フランスワインの主要ブドウ

白ブドウ

第一位…ユニ・ブラン

第二位…シャルドネ

第三位…ソーヴィニヨン・ブラン

黒ブドウ

第一位…メルロー

第二位…グルナッシュ

第三位…シラー

両者合わせて第一位は、メルローです。

まとめ

いかかでしたか?

フランスの10大産地については、また別の機会に詳しく説明しますね!

今宵もあなたに最高の一杯を!

初心者用!イタリアワイン概要を誰よりも簡単に説明

-ワイン
-,

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.