カクテル

バーに必要なグラス全11種を2つに分類して簡単に紹介!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

今回はカクテルには重要なグラスについてです。

2つに分類して、全11種を紹介していきます。

1、平底型グラス

①ロックグラス(180~300ml)

ロックグラス

一般的に背の低い円筒型のグラスのこと。

正式には『オールド・ファッションド・グラス』と呼ばれ、古代から酒器として使われてきた。

カクテルや、丸氷を入れたウイスキーのオン・ザ・ロックスタイルでで飲むときに用いられる。

②コリンズグラス(300~360ml)

コリンズグラス

円筒形の背の高いグラスで、『チムニーグラス(煙突型グラス)』や『トールグラス(背高グラス)』とも呼ばれている。

コリンズと名の付くカクテルや、時間をかけて飲むロングドリンクに使われる。

③タンブラー(180~300ml)

タンブラー

カクテルやハイボール、ソフトドリンクに使われる。

使用頻度が高いため、他のグラスよりも数多く用意する必要がある。

④ショットグラス

ショットグラス

『ストレートグラス』とも呼ばれており、ウイスキーをストレートで一杯売りするところから名前が付いた。

大きさはシングル(30ml)やダブル(60ml)な飲めるようなサイズがある。

2、脚付き型グラス

⑤カクテルグラス(90ml)

カクテルグラス

ショートドリンク専用の、逆三角形に脚が付いたグラス。

⑥リキュールグラス(30~45ml)

リキュールグラス

『コーディアルグラス』とも呼ばれ、リキュールをストレートで楽しむときに使われる。

その他、ウイスキーやテキーラをストレートで楽しむ時や、プースカフェスタイルを作るときにも使用する。

⑦シャンパングラス

口径の広い『ソーサー型』と、細身で背の高い『フルート型』がある。

『ソーサー型(120ml)』はパーティーの乾杯用に使われる他、フラッペやフローズンスタイルに使用される。

『フルート型(160~200ml)』は口径が狭いため、食事をしながらゆっくりと立ち昇る泡を楽しむことができる。

⑧ゴブレット(240~300ml)

ゴブレット

容量が大きいので氷をたくさん使ったカクテルや、ビール、ソフトドリンクなどに使われる。

タンブラーに脚が付いたものと考えてよい。

⑨ワイングラス(240ml以上)

ワイングラス

ワインの為のグラスだが、ワインベースのカクテルなどにも使われる。

ワインのタイプによって、いろいろな大きさの形を使い分ける。

⑩ブランデーグラス(180~300ml)

ふっくらと丸く、口がすぼまっているバルーン型の大型グラス。

ブランデーをストレートで飲む他、銘醸ワインやハーブ系リキュールを飲むのに使われる。

⑪ビアーグラス(250~330ml)

ビール専用のグラスで、『ピルスナーグラス』とも呼ばれている。

ビールの色、香り、泡立ち、味わいを楽しむのに適している。

また、ビールには『ジョッキ』も使われる。

まとめ

いかがでしたか?

グラスはカクテルのお洋服です。

どんなグラスに注ぐかで、カクテルの味も大きく変わります。

普段飲んでいるお酒も、グラスを変えて飲んだら新しい発見があるかもしれません。

今宵もあなたに最高の一杯を!

【初級編】バーテンダーの為のカクテル用語集14選!

バーテンダーの起源とは?バーテンダーに必要な『3S』を暴露!

バーテンダーに必要な7つ道具を紹介!~これから始める方へ~


-カクテル
-,

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.