豆知識

『5基本味』美味しいとは?『おいしい』の方程式を簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

みなさんは美味しいものは好きですか?

なぜそれは美味しいのですか?

また、美味しいと思ったものは成長とともに変化していきますね。

今回は、そんな『味覚』について一緒に学びましょう。

『5基本味』美味しいとは?

味覚

①甘味

舌の先端で感じる甘味。

子供の頃、甘い食べ物が得意なのはその影響もある。

また、コーヒーやカクテルなどを初めて飲む際、甘くして飲んだ人も多かったのではないかと思います。

②酸味

舌の両側面で感じる酸味は、刺激の強さと共に、余韻を計るためのセンサーとして役立っている。

③塩味

舌の先端から両側面で感じる塩味は、美味しさを感じるのに重要な部分。

どんな良い食材を作っても、塩加減で台無しになる事は多々ある。

また塩分は人体にとってもなくてはならない成分の一つ。

④苦味

舌の一番奥で感じる苦味は、味覚が成長すればする程得意になります。

舌の構造上、子供の頃は、コーヒーやピーマン、魚のはらわたなどの苦味に慣れなかったと思います。

しかし味覚が発達する事により、苦味の奥深さは美学と感じるようになり、好む大人が少なくありません。

⑤うま味

日本人が発見したうま味は、昆布からその成分を取り出すことに成功した。

この成分は海外でも『UMAMI』と呼ばれ、国際的に使用されている。

スパイスの辛味や、ミントの清涼感は、舌以外でも感じる為、『刺激』として分類されます。

『おいしい』の方程式とは

日本での『おいしい』の語源は『都合が良い』という意味です。

後年になって『美味しい』と当て字され、現在の『味が良い』という意味になりました。

この『美味しい』と感じる方程式は、以下のようになります。

①味×②雰囲気×③都合=美味しい

①味

これは先程お伝えした5基本味のバランスに加え、香りや食感が含まれます。

また、どのようなグラスや酒器、料理で言えば皿や盛り付けで提供されるかも、味に大きく影響します。

②雰囲気

お店という空間の雰囲気や、スタッフの接客態度のことです。

あるいは流している音楽も重要な要素です。

③都合

食べた人の健康状態や経験値のことです。

どんな高級食材でも、それを評価や比較出来る経験値がないと、美味しくないものになってしまいます。

あるいは価格が見合っていないと、損した気持ちになり、美味しさが減少してしまいます。

これら3つを掛け算することにより、『美味しい』がより大きな形にする事が出来ます。

どれか一つがゼロでは、全てがゼロになってしまいます。

まとめ

いかかでしたか?

味覚は時間とともに成長していきます。

他の動物にはない、人間だけが持つ感覚です。

是非、この味覚で楽しんでいきましょう!

今宵もあなたに最高の一杯を!

1日のアルコール摂取量は?マーモット曲線と守るべき5箇条!

成功率80%アンゴスチュラビターでシャックリが止まる方法!

-豆知識
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.