カクテル

シンガポールスリングとは?歴史と2つのレシピを簡単に紹介!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

みなさんは『シンガポールスリング』というカクテルをご存じですか?

このカクテルは大きく分けて2つのレシピがあります。

今回は、『シンガポールスリング』について、一緒に学びましょう。

『シンガポールスリング』の歴史

ラッフルズホテル

1915年に、シンガポールにある高級ホテル『ラッフルズホテル』のバーで生まれたカクテル。

シンガポール湾の夕焼けの、赤とピンクをイメージしたトロピカルな作品だ。

当時は女性にとって社交の場でお酒を飲むことは、抵抗感のある時代でした。

その時のバーテンダーが、『女性が人目を気にせず飲めるようなカクテル』を考案して誕生した。

また、イギリス人作家のサマセット・モーム氏の『手紙』に登場したことで有名になった。

彼はホテルから眺めるシンガポール湾の夕焼けを『東洋の神秘』と称え、長期滞在するほどお気に入りの場所だった。

カクテルが生まれたバー『ロングバー』では、カクテルと一緒に落花生を食べ、殻を床にポイ捨てるのがカッコイイ飲み方との事。

ロングバーの床

その後、イギリスのバーテンダーがラッフルズホテルのレシピをもとに、よりシンプルで洗練されたものに改良されました。

これが現在の一般的なレシピとなります。

『シンガポールスリング』のカクテル言葉は『秘密』です。

また、『身を任せられるものを求めるロマンチスト』ともあり、5月8日の誕生酒でもあります。

名前のスリングとは、ドイツ語で『飲み込む』という意味のシュリンゲンに由来している。

2つのレシピ

①ラッフルズオリジナル

オリジナルシンガポールスリング

・ジン…30ml

・チェリーブランデー…15ml

・ベネディクティン…7.5ml

・コアントロー…7.5ml

・ガムシロップ…10ml

・ライムジュース…15ml

・パインジュース…120ml

・アンゴスチュラビター…1tsp

材料を全てシェーカーに入れシェークし、氷を入れた特製のグラスに注いでチェリーやパイナップルを飾れば完成。

②一般的レシピ

シンガポールスリング

・ジン…30ml

・レモンジュース…15ml

・ガムシロップ…1tsp

・炭酸水…適量

・チェリーブランデー…15ml

ジン、レモンジュース、ガムシロップシェーカーでをシェークしてから氷の入ったグラスに注ぎ、炭酸水で満たしてかき混ぜる。

チェリーブランデーを注いでグラスの底に沈め、レモンスライスやチェリーを飾れば完成。

まとめ

いかがでしたか?

本家、ラッフルズホテルの『ロングバー』で夕焼けを見ながら飲みたいですね。

今宵もあなたに最高の一杯を!

カクテルの語源と世界5大カクテルとは?カクテル言葉を紹介!

パイナップルジュースと混ぜるだけ👇

-カクテル
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.