ウイスキー

ウィスキー用語集10選!いまさら聞けない単語の意味と豆知識

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

みなさんは普段ウィスキーは飲まれますか?

ウィスキーを飲める人は、何だか大人っぽくて、知的なイメージです。

それに憧れて始めた方も多いのではないでしょうか^_^

僕もその一人です(笑)

今回は、ウィスキー用語をいくつか紹介したいと思います!

ウイスキー用語10選(五十音順)

①アイラウイスキーとは

アイラ島スコットランド西側にある『アイラ島(ISLAY)』で作られるウイスキー。

強いスモーキーな香り(薬品臭、正露丸臭)が特徴。

②クォーターカスクとは

直訳すると『1/4の樽』となる。

酒の運搬手段が馬車だった創業当時、途中でこの大きさの樽に詰め替えて熟成された。

樽は内側が焦げている為、原酒の樽に触れる面積が増え、スモーキーフレーバーが強く出る。

③グレンとは

スコッチウイスキーの銘柄によく見る『グレン○○』。

グレン(Glen)とは『谷』や『渓谷』を意味する。

④シェリーカスクとは

シェリー酒(ワイン)を作った後の樽を使用して熟成させたもの。

濃厚な果実風味がある。

⑤シングルモルトウィスキーとは

モルトウィスキーのみを使い、1つの蒸溜所で造られたウィスキー。

蒸溜所の特徴がはっきり出る味。

⑥スコッチウイスキーとは

スコットランドで作られたウイスキー。

木樽で3年以上熟成させ、特有のスモーキーな香りがある。

⑦バーボンウイスキーとは

アメリカのケンタッキー州バーボン郡で作られたウイスキー。

原料にコーンを51%以上使い、バーボン新樽で2年以上熟成し、度数を40度以上にしなければならない。

ジャックダニエルはテネシー州で作られるので、バーボンではありません!

⑧バーボンカスクとは

アメリカン・ホワイトオークで出来た樽。

内側を焦がした新樽のみを使う。

⑨ピートとは

泥炭泥炭(でいたん)と呼ばれる泥状の炭。

植物遺骸が堆積したもので、可燃性がある。

ピートで原料を燻すことによって、独特のスモーキーさがウイスキーに加わる。

⑩ピュアモルトウィスキーとは

モルトウィスキーのみで造ったウィスキー。

飲みやすい味わいになるので、初めての人におすすめ。

まとめ

いかがでしたか?

知っているうえで飲むと、またおいしく感じてきます!

今宵もあなたに最高の一杯を!

スコッチウイスキー銘柄の意味と豆知識!一覧表25選

ハイボールの語源とは?誰よりも簡単に説明!豆知識あり

ウィスキーの飲み方、全9種類を誰よりも分かりやすく説明!

ストレート、水割り、ソーダ割に最適 ↓

-ウイスキー
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.