ウイスキー 人気記事

世界最強ピート臭ウィスキーランキングベスト3とフェノール値

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです^_^

以前のおさらいで、ピートとは泥炭(草木が腐って出来た可燃性のある泥)のことです。

スコッチウイスキーの主原料である大麦麦芽を、ピートで焼いて乾燥させることで発生します。

これがいわいるピート臭(薬臭い、クセが強い)の原因で、ブランドの個性として愛飲者に親しまれているのです。

このピート臭の強さを表す数値をフェノール値といい、数字が大きい方がピート臭が強いということになります。

つまりはクサイです。

今回は、ピート臭ランキングベスト3を発表します。

世界最強ピート臭ウイスキーランキングベスト3

第3位:ラフロイグ(フェノール値45ppm)

滑らかな口当たりと、力強いピート臭が病みつきになる。

ラフロイグとは『広い入り江の美しい窪地』の意味。

『アイラモルトの王』と称され、シングルモルトウイスキーとして初めて英国の王室御用達認定を受けた実績がある。

第2位:アードベック(フェノール値55ppm)

痛烈なスモーキーさと、繊細な甘さが調和した個性の結晶。

アードベッグとは『小さな岬』、『小さな丘』という意味。

一般的な製法である『冷却ろ過』の工程を行わないため、本来の味がダイレクトに感じることができる。

第1位:オクトモア(フェノール値160ppm以上)

他とは圧倒的な差をつけた、ピーティーの極み。

アルコール度が高い為、口に含んだ時の舌と鼻の感触が中毒性を覚えさせる。

オクトモアとは『偉大なる8番手』の意味。

スコッチのバーならハーフショットでの提供もしてくれるので、是非お試しあれ!

ちなみにランキング外

・ラガヴーリン…40ppm

・カリラ…35ppm

・ボウモア…20ppm

・タリスカー…20ppm

まとめ

いかがでしたか?

最初は苦手だったピート臭も、慣れてきて克服すると、奥深さや刺激を楽しめるようになります。

ウイスキー以外でも、そういった経験があるのではないでしょうか?

今宵もあなたに最高の一杯を!

スコッチウイスキー銘柄の意味と豆知識!一覧表25選

スコッチウイスキーとは?6大生産地を分かりやすく簡単に説明!

-ウイスキー, 人気記事
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.