ワイン

フランスのボルドー地区『5大シャトー』とは?簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

皆さんはフランスの『5大シャトー』は聞いた事ありますか?

5大シャトー

①シャトー・ラフィット・ロッチルド

②シャトー・ラトゥール

③シャトー・マルゴー

④シャトー・オー・ブリオン

⑤シャトー・ムートン・ロッチルド

今回はこの5つのシャトーについてわかりやすく説明します。

シャトーとは『お城』の意味

シャトーとは、一般的にボルドー地方でよく使われている言葉で、フランス語で『城』や『館』を意味しています。

ワイン界では、ブドウの栽培から瓶詰めまで、すべての工程を敷地内で行っている『生産者』を指す言葉として使われています。

ワイン製造をするには大きな資本が必要であったため、当時の貴族や大富豪が所有していました。

その為大規模な農園を持ち、お城のような醸造所を構えているところから、『シャトー』と呼ばれるようになりました。

1855年のパリ万国博覧会の際、ナポレオン三世の命により、ボルドー市商工会議所によってワインの格付けが作成されました。

いずれもカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドなどを主体とした赤ワインが対象です。

厳しい審査基準をクリアしたシャトーには、1~5級の全61シャトーがあります。

その中でも最も格の高い1級シャトーが、今回紹介する5つなのです。

①シャトー・ラフィット・ロッチルド

ラフィト

【プロフィール】…メドック地区ポイヤック村北部に位置するシャトー。ラフィットとは『小高い丘』の意味で、古いガスコーニュ語の『ラ・イット(La Hite)』が転じたのが由来と言われている。村の中で最も標高の高い場所に畑が位置していたことから名付けられた。

当初は『葡萄の王子』と呼ばれたニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が所有していた18世紀に、その評価を確立した。ロスチャイルド家が所有してからもさらに磨きをかけ続け、『世界最高峰』、『王のワイン』、『5大シャトーの筆頭』と称されている。

【味わい】…タンニンが豊富で、酸味と渋みのバランスが良く最も優雅

【当たり年】…1999年、2000年、2011年、2012年、2014年

【価格帯】…約8~10万円以上

シャトー・ラフィット・ロートシルト2013年

価格:79,200円

②シャトー・ラトゥール

ラトゥール

【プロフィール】…メドック地区ポイヤック村南部に位置するシャトー。ラトゥールとは『塔』の意味で、14世紀後半に海賊の攻撃から身を守るために築いた要塞であり、ラベルのシンボルとして描かれている。

以前はラフィット同様、ニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が所有していた。

『不作知らず』と言われ、毎年安定したワインを造り出している。また2009年からは環境への取り組みを始め、畑では減農薬(リュットレゾネ)と有機栽培の導入が進められていることでも有名。

【味わい】…濃縮感がずば抜けており、力強い骨格がありパワフルで男性的

【当たり年】…1961年、1982年、2009年、2010年

【価格帯】…約7~40万円以上

③シャトー・マルゴー

マルゴー

【プロフィール】…メドック地区マルゴー村のジロンド川左岸に位置するシャトー。1855年パリの世界万博で行われたブラインドテイスティングでは、唯一満点を獲得しており、その女性的な印象から『ワインの女王』や『ボルドーの宝石』と称されている。

しばしばシャトーに滞在していた文豪ヘミングウェイは、孫娘に『シャトー・マルゴーのように女性らしく魅力的に育つように』と願って『マーゴ(マルゴーの英語読み)』の名を贈った事でも有名。

【味わい】…ふくよかな香りと滑らかな口当たり、芯がありロマンティックで女性的

【当たり年】…2009年、2010年、2015年

【価格帯】…約6~30万円以上

④シャトー・オー・ブリオン

オーブリオン

【プロフィール】…グラーヴ地区から唯一選出されている、ぺサック村に位置するシャトー。ボルドー最古のシャトーとしても有名で、ブリオンはケルト語で『丘(Briga)』とオー『偉大(Haut)』という意味。

フランスがナポレオン戦争で敗戦した時、ウイーン会議での晩餐会でこのワインが各国の代表者に振舞われた。これがきっかけで各国の態度が軟化し、フランスが領土をほとんど奪われずに済んだと言われている。

【味わい】…柔らかい渋みがあり、エレガントで香り高い

【当たり年】…1989年、2000年、2014年

【価格帯】…約6~30万円以上

⑤シャトー・ムートン・ロッチルド

ムートン

【プロフィール】…メドック地区ポイヤック村北部に位置するシャトー。ムートンとは古フランス語で『小高い土地(mothon、motte)』の意味。また現フランス語で羊の意味があり、先代オーナーが牡羊座であったことから、洒落でトレードマークを『牡羊』にしたと言われている。

毎年新しいラベルデザインを、その時代を代表するアーティスト達が描いていることでも有名。ダリ(1958)、シャガール(1970)、ピカソ(1973)などが手掛けており、1979年の未(ひつじ)年に初めて日本人の画家が採用された。

他の4シャトーは1855年に一級に選ばれたが、当時二級だったムートンは1973年に一級に昇格を果たした。ロスチャイルド家所有の元、伝統的だった中間業者の瓶詰め廃止、カリフォルニアなどの他地域とコラボレーションしたワイン造りを成功させるなど、多彩なアイディアと改革を成し遂げている。

【味わい】…濃厚で芳醇、リッチで野性的な魅力がある

【当たり年】…1982年、2000年、2013年、2014年

【価格帯】…約8~15万円以上

まとめ

いかがでしたか?

メドック地区には約500のシャトーがあります。(グラーヴ地区のシャトー・オー・ブリオンは例外)

その中の選ばれた61シャトーは、160年以上も顔ぶれは変わっていません。

その頂点に君臨する『5大シャトー』は、ワインラヴァーであれば一度は口にしてみたいワインですね。

今宵もあなたに最高の一杯を!

【前編】フランスワイン産地を誰よりも簡単に紹介!豆知識あり

【後編】フランスワイン産地を誰よりも簡単に紹介!豆知識あり

フランスのロゼワイン三大名醸地~安うまロゼワイン3選を紹介~

-ワイン
-,

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.