ウイスキー

スコッチウイスキーとは?6大生産地を分かりやすく簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

今回はスコットランドのウイスキーを指す『スコッチ』についてです。

その生産地は大きく分けて6つの地域に分類されます。

スコットランド

スコッチの条件とは

スコッチを名乗るには、以下の5つの条件が必要です。

①スコットランドで製造すること

②穀類を原料として酵母によって発酵させること

③蒸留時のアルコール度数を94.8%未満にすること

④容量700リットル以下のオーク樽で最低3年以上熟成させること

⑤瓶詰めするアルコール度数を40%以上にすること

スコッチは大麦麦芽(モルト)だけで造られる『モルトウイスキー』と、トウモロコシなどの穀物を主原料とする『グレーンウイスキー』、この2つをブレンドした『ブレンデッドウイスキー』に分けられる。

『ブレンデッドウイスキー』は様々な場所の『シングルモルトウイスキー(その蒸留所でモルトのみを使用したウイスキー)』や『グレーンウイスキー』をブレンドすることにより、バラエティー豊かな味が楽しめる。

また熟成の際は古樽を使うことにより、上品でまろやか、複雑な仕上がりになる。

①スペイサイド(Speyside)

【プロフィール】…スコットランド北部に位置する、スペイ川という大きな川のある地域。

ウイスキーの聖地と言われ、全土の半数にあたる約50の蒸留所が存在する。

また、サーモンフィッシングのメッカとしても有名。

【味の特徴】…華やかな香りと風味があり、なめらかでバランスが良い為、初心者向け

【主な銘柄】…ミルトンダフ、ストラスアイラ、マッカラン、バルヴェニー、グレンフィディック、モートラック、グレンファークラス、クラガンモア、ザ・グレンリベット

②ハイランド(Highland)

【プロフィール】…スコットランドの北部に位置するこの地域で、全土の約1/3の蒸留所があり、ブレンデッドウイスキー発祥の地として知られている。

またアバディーンの町は石油の採掘の拠点として知られており、『ヨーロッパの石油の首都』とも呼ばれている。

この地域は面積が大きいため、東西南北の4つに細分化される。

北ハイランド

【味の特徴】…なめらかでリッチ

【主な銘柄】…グレンモーレンジィ、ダルモア

東ハイランド

【味の特徴】…上品でフルーティー

【主な銘柄】…グレンドロナック、アードモア

西ハイランド

【味の特徴】…爽やかでスパイシー

【主な銘柄】…オーバン

南ハイランド

【味の特徴】…ソフトな甘味と風味で、口当たりが軽い

【主な銘柄】…グレンゴイン

③ローランド(Lowland)

【プロフィール】…スコットランド南部に位置し、主要都市があることから人口と産業が集中している地域。

17世紀にはスコッチウイスキーの約90%が作られる一大産地だったが、高額な酒税を課せられた為にハイランド地方に逃れて密造が始まった歴史背景がある。

また、グレーンウイスキー(モルトではなく他の穀物を主原料としたウイスキー)発祥の地として知られている他、通常2回蒸留のところを伝統的な3回蒸留を行っている蒸留所が存在することでも有名。

【味の特徴】…デリケートな味わいと甘味、ライトでやや辛口の風味

【主な銘柄】…オーヘントッシャン、グレンキンチー、ブラドノック

④アイランズ(Islands)

アイランズ

【プロフィール】…スコットランド北岸から西岸にかけて沖に点在する6つの島々で、オークニー島、ルイス島、スカイ島、マル島、ジュラ島、アラン島がある。

いずれも人口が少なく、牧畜や漁業、観光などの産業が行われている。

【味の特徴】…島によって個性が異なるが、華やかでフルーティーなもの、クセがあり塩気を感じられるもの、甘くまろやかのものなどがある

【主な銘柄】…ハイランドパーク、スキャパ、タリスカー

⑤アイラ(Islay)

【プロフィール】…スコットランド西部に位置するアイラ島で、スペイサイドに並ぶ『スコッチの聖地』と呼ばれている。

ピート(泥炭・でいたん)と呼ばれる腐った植物を燃料にモルトを乾燥させるため、独特な強いスモーキーさや薬品の香りがある。

【味の特徴】…クセが強く、薬や煙の香りがする為、上級者向け

【主な銘柄】…カリラ、ボウモア、アードベッグ、ラガヴーリン、ラフロイグ

⑥キャンベルタウン(Campbeltown)

【プロフィール】…スコットランド西部キンタイア半島先端部に位置し、港町近くの蒸留所が海や潮の香りの影響を受けている。

かつてはアメリカ大陸に向かう船の寄港地として栄え、30以上もの蒸留所が存在した。

しかし増税や禁酒運動、粗悪な生産や原料の枯渇により衰退し、現在の蒸留所は3ヶ所のみになった。

また日本ウイスキーの父、竹鶴政孝氏が研修を行った地としても知られている。

【味の特徴】…爽やかな塩味、香り高く重みがある

【主な銘柄】…グレンスコシア、スプリングバンク、グレンガイル

まとめ

いかかでしたか?

私はスペイサイドのウイスキーを、水や炭酸で割って飲むのが好きです。

あなたはどのスコッチを、どんな飲み方で飲むのが好きですか?

オススメがあったら是非教えてください。

今宵もあなたに最高の一杯を!

スコッチウイスキー銘柄の意味と豆知識!一覧表25選

ウィスキーの飲み方、全9種類を誰よりも分かりやすく説明!

-ウイスキー
-,

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.