ワイン

シェリーとは?世界三大酒精強化ワインの一つを簡単に説明!

こんにちは、

理系ソムリエのシゲです!

みなさんは世界三大酒精強化ワイン『シェリー』は飲んだことはりますか?

『シェリー』には木の実のような特徴的な香りがあります。

今回は『シェリー』について、一緒に学びましょう!

『シェリー』とは

カディス県

イベリア半島最南端のカディス県、

①へレス・デ・ラ・フロンテラ

②サンルーカル・デ・バラメーダ

③エル・プエルト・デ・サンタ・マリア

この3つの町で熟成したものだけが、『シェリー』と名乗れる。

『シェリー』は英語名で、スペイン語では『へレス』、フランス語では『ケレス』と呼ばれている。

語源はこの地域を支配していたアラブ人たちが、現在のへレスに付けた名前『シェリシュ』に由来する。

シェリーの造り方

主要品種は約95%がパロミノ、その他にペドロ・ヒメネス、モスカテルが認可品種となっている。(いずれも白ブドウ)

白ワイン製造後、ブランデーなどのアルコールを添加(酒精強化)する。

ここから最低2年の熟成期間が義務付けられている。(伝統的には3年)

この酸化熟成工程は、樽を満杯にせず上部に空間を残す為、ワインの表面にカビのような白い膜が張る。

これを『フロール』と呼び、シェリー特有の香りをもたらす働きをしている。

熟成中に樽を3~4段に積み重ね、最下段の樽(ソレラ)から出荷した分、新しいワインを上段から補充する。

補充で減った樽は、その上段から補充する。

こうすることで、各段階で若いワインが古いワインと混ざり、特徴がブレンドされて均質なワインに仕上がる。

この熟成方法を『ソレラ・システム』と呼ぶ。

シェリーのタイプ

シェリーは5種類に分けられる。

①フィノ(Fino)15~17度

シェリーのなかで最も軽く、辛口。

魚のフライやテンプラに。

②マンサニーリャ(Manzanilla)15~17度

サンルカール・デ・ハラメダ産のフィーノタイプの辛口で、塩気がある。

エビや貝の塩茹でに。

③アモンティリヤード(Amontillado)16~22度

フィノとオロロソの中間的な風味で、琥珀色でナッツのような香りがある。

燻製品に。

④パロ・コルタド(Palo Cortado)17~22度

アモンティリャードの香りとオロロソのボディを持つ希少タイプ。

イベリコハムと。

⑤オロロソ(Oloroso)17~22度

琥珀色からマホガニー色で、豊かな香りとデリケートなコク、深みがある。

肉の煮込み料理に。

 

この他にも、

・ミディアム(Medium)…アモンティリャード+ペドロ・ヒメネス

・クリーム(Cream)…オロロソ+ペドロ・ヒメネス

・アニャダ(Añada)…単一収穫年でソレラシステムを使わない

などがある。

更に、

・VOS(Very Old Sherry)…熟成期間20年以上

・VORS(Very Old Rare Sherry)…熟成期間30年以上

がある。

まとめ

いかがでしたか?

是非お料理と一緒に合わせてみてください!

今宵もあなたに最高の一杯を!

フランスのロゼワイン三大名醸地~安うまロゼワイン3選を紹介~

世界三大貴腐ワインとは?貴腐ブドウと飲み方を簡単に説明!

フランスのボルドー地区『5大シャトー』とは?簡単に説明!

-ワイン
-

Copyright© シゲの酒ログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.